浜田省吾(村瀬のひとりごと)

今日は「海外挙式」とは関係ない事を書きますので、興味ない方はスルーしてください!
ウエディング・ヴィレッジ村瀬美由紀が、どんな人間かを少し知っておこうか、、、、と言う方はお付き合いください。

突然ですが! 私、村瀬はシンガーソングライターの「浜田省吾さん」の信者です(笑) もとい、大ファンです。先日、初めて、ファンのオフ会のような所に参加しました。

その前後から沢山の省吾ファンの皆様とのリアル、ネットでの交流をさせてもらっています。

そこで改めて思ったのが、
「省吾ファンの皆様は本当に素敵な方が多い!!!」まず、皆さん大人で良識があり、マナーを守り、浜田省吾さんを敬って、大切に考えている。(本当は、浜田省吾さんとか書かずに、『うちの省吾』と言いたい(笑))

私はかろうじて、40代なのですが(2018年現在)、省吾を支えてこられた先輩方は現在、50代の方が多いんですよね。皆さん、大人だし、温かく接してくれるし、浜田省吾さんがこういうファンの皆様を惹きつける方なんだって感じます。

浜田省吾さんご自身はデビューから華々しく出てこられたわけじゃないし、どちらか言うと地味な活動を続けてこられた方なんですよね。(←これ、結構、私の中では自慢。地味でも良いものを提供していて、それを支えてくれる人がいてくれる)

デビューからずっと、「オーディエンス」を大切にされる姿勢でコンサートツアーを続けておられる・・・いわゆる職人かたぎの部分もあると思うし、少年がビートルズを知って、ショーウインドウでギターを見ていなづまが走って
今に至る、、、、、、そんな姿を見ていて、たぶん、ファンのみなさん自身も一緒に成長してきている、、、みたいな感触だと思うんですよね。

で、今日は何が言いたいのかと・・・

ステキなファンの人たちが大勢いる、、、、、そういった方々に支持された浜田省吾さん。
省吾自身の音楽に向き合う姿勢、ファンに向き合う姿勢、そういったすべてが今の省吾さんを
作り上げている一つの要因だと改めて感じ入りました。

と考えると・・・ですよ、

私も、もっと、もっと、もっと、(もっとの100乗くらい)
省吾さんのように、自分の提供できるもの、したいものを作り上げて、高めて
それを求めてくださる方がたに喜んでいただける仕事がしたいと思いました。

また、そういう 「幸せのサイクル」が回る、回せるからこそ
いい仕事も出来るし、素敵な応援者(ファン)の方がたに支えてもらえるなんだろうなと
改めて思いました。

自分が「欲しい、欲しい」ばかりではなく、まずは自分がその生き方をやっていき
それに呼応するように、周りの方々で共感してくださる方々が生まれてきて
応援して頂けるようになる。

昔、N先生(女性の中小企業診断士の先生)から言われた言葉があります。
ニュアンスは違うかもしれませんが、自分のお客様は、自分自身がやっている事の
表れ・・・なんですよ、的な事を言われました。

私自身が成長する事が出来れば、良いものを提供する事が出来れば
もっと、もっと、それに対して共感してくれる方たちが集まってくださる。

省吾も、私の仕事も結局、同じなんですよね。

どういった価値提供が出来ているか・・・

私にとって、浜田省吾さんと言う方は、単純に好きなアーティストとかのレベルではなく
自分の人生への向き合い方、仕事への向き合い方、、今日は省略しますが
日本、世界、生き物への向き合い方などを教えてくださる、とても、とても大切な方です。