トップ  > Q&A/よくある質問  > Q&A【衣装編】日本からドレスを持って行くのは面倒じゃないですか
Instagramのご紹介

バリ・ヴィレ(ウエディング・ヴィレッジ) あなたとタヒチ

ウエディングヴィレッジ インスタグラム「ハワイ」

 
ウェディング・ヴィレッジ 旅行部日報
 
 
姉妹サイトのご紹介

 バリ・ヴィレ

 

〒 812-0011
福岡市博多区博多駅前2丁目12-26福岡Dビル
(※オフィス移転準備中)

  • 電話:0120-533-405

Q&A【衣装編】日本からドレスを持って行くのは面倒じゃないですか

【衣装編】日本からドレスを持って行くのは面倒じゃないですか?
(2018年10月13日更新)



ウエディング・ヴィレッジでは、ズバリ!
  『日本からドレスを持っていく』をおススメしております。
面倒かどうかの質問にお答えする前に、日本からドレスを持っていくことをおススメしている理由を御説明いたします。

理由はいくつかあります。
日本で時間に余裕がある時に、ゆっくりと納得行くまでドレス選びができること(現地では思った以上に時間が足りない為、あせって決めてしまう)や、現地で限られた時間の中であせって選ぶと、価格をよく検討する余裕もなく結果的に予算オーバーになる事が多い。
また、現地で挙式が終わって、お部屋に戻り余韻を楽しむ間もなく現地レンタルの場合、担当者がドレスの回収を行います。
余韻も何もあったものではありません。
でも、そこで問題になるのは、衣装を現地まで持っていくのは 『荷物が大きくなる』『荷物が増える』などですよね。
これについては否定はしません! 
ただ、荷物が持っていきやすく、コンパクトな状態になれば話は別です。
その為に、ウエディング・ヴィレッジでは『海外挙式に強いドレスショップ』 をご紹介しております。

このポイントを間違えなければ、梱包のバックも東京出張のガバメントケースとほぼ同じスペックですし、飛行機の中にも持って入るのも問題なし、しかも素材も持ち運びを想定していますのでシワのつきづらいものを利用してあります。
さらに言えば、ウエディング・ヴィレッジでは海外挙式のほとんどの場合、ご旅行についてはご両家専用の『オーダーメイド型・オリジナル旅行』をコーディネートしております。
つまり、現地空港に着けばご両家専用の車と専任の日本語ガイドがお迎えにあがる為、衣装を持ち運びする時間はパッケージツアーと比べて極端に少ないし、わずらわしささもほとんどありません。
後は、これらのメリット・デメリットを天秤にかけてどちらを取るかのご判断はお客様次第です。


 

☆☆☆☆☆

ウエディング・ヴィレッジは旅行会社でもあるので、新婚旅行だけのお客様もウエルカムです!

 

インスタ・バリ島/タヒチもお楽しみください!



ウエディング・ヴィレッジの
『お客様の声』では、挙式・ハネムーン帰国後の、
客様の感想を聞く事が出来ます。

是非、今すぐクリック下さい♪



わたしく、村瀬がご案内させて頂きます!

☆☆☆☆☆

 

資料請求・ご来店予約・お問い合わせはこちら

海外挙式コーディネート 「ウエディング・ヴィレッジ」
バリ島・ハワイ・タヒチ オーダーメイドのウエディング&ハネムーン(新婚旅行)を~
TEL: 092-474-3394  ※完全予約制

営業時間 : (平日) 11:00 〜 18:30 (土日祝) 10:00 〜 18:00
定休日 :毎週水曜日
住所:〒 812-0011 福岡市博多区博多駅前2-12-26 福岡Dビル